2008年02月13日

英語 勉強法のおすすめ

英語 勉強法って、いろいろありますが、一番良い方法とは何でしょうか?
英語 勉強法といっても、受験のための英語 勉強法ではなく、
役に立つ英語の勉強方法のことです。
以前、英語 勉強法比較の記事が、某読み物に掲載されていましたが、
TOEICスコアが最短で向上したのは音読での英語 勉強法だそうです。
ということは、英語を身に付けるための英語 勉強法には音読がベストのようです。
英語を勉強するのに、無理して高価な教材を購入したり、専門の学校に行く必要もありません
英語 勉強法の1つとして、1部150円のJapan Timesを買って
すぐ簡単に、英語の勉強を始めることができますね。
また、英語 勉強法の一番のおすすめは、リスニングの勉強で映画を見ることです。
とにかく、自分の好きな映画を何回も見て、楽しめばいいのです。
これは、かなり効果があるそうです。
他にも、英単語については、自分の好きな分野の雑誌とか小説を読んで覚えるのがいいでしょう。
これらの方法であれば、無理なく楽しみながら英語を勉強することができます。
力むと挫折しますので、長く楽しみながら、英語を勉強するという気持ちでスタートしてみたらいかがでしょうか?
posted by あ・は〜 at 17:06 | 日記

英語 勉強の目的のポイント

英語 勉強しているという人は、何か目的を持って勉強しているのでしょうか?
ただ、何となく「色んな国の人と話したい」とか「日本語しか話せなかったら、なんかもったいない」という
漠然とした気持ちでしたら、なかなか難しいかもしれませんね。
そもそも「会話」というのは、英語ができるから、話ができるのではないですよね。
英語 勉強してたら会話がうまくなるのではないので、
英語を勉強することは、コミュニケーションの手段を勉強することなのです。
だから、ただ、闇雲に英語だけを勉強するんじゃなくて、英語以外にもいろんなことを勉強し、
いろんな知識を増やすことも必要なのではないでしょうか?
まず、日本語で自分の意見や考えをきちんと話せるようにならないと、
いくら英語を勉強したとしても、何もできないような気がします。
その上で英語 勉強して、世界中の人とコミュニケーションがとれると
ステキですね。
タグ:英語 勉強
posted by あ・は〜 at 16:40 | 日記

ds 英語のすすめ

ds 英語で英語を勉強する人が、増えているそうですね。
ds 英語というのは、任天堂のDSから、英語学習用ソフトが発売されています。
それを使って任天堂DSのゲーム機を使って英語を勉強するんですね。
でもこれ、勉強といってもゲーム機を使うので、ゲーム感覚、遊び感覚ででき、
すすんでいくにつれて、本当に英語力が身についているようです。
堅苦しくないので、続けることができますしね。
ds 英語のソフトは、ゲームというハードをうまく使って英語が学習できるようにしているな、と思います。
英語を勉強する、新しい形態ではありますが、今までの参考書などの紙媒体とは違い、
画期的な方法ではないでしょうか。
もちろん、スピーキングは、ネイティブが喋ってくれるので、英語のリスニング対策もばっちりです。
身近に置いておけるし、気軽に手軽にいつでも英語の勉強を簡単に始めることができるから、いいですよね。
操作も、タッチペンを使うので直感的にできるのも、身に付く原因なのかもしれませんね。
通勤のときとかもいいかも。学生は学校にゲーム機を持っていけないから、
通学にはNGだけど。
ds 英語ソフトには、英会話や英語検定、TOEIC対策用のゲームソフトが発売されているし
自分に合ったものがきっとあると思います。
タグ:ds 英語
posted by あ・は〜 at 08:47 | 日記

2008年02月08日

小学校 英語に望むこと

小学校 英語の指導、と一口に言っても、まだまだいろんな問題が山積みのようですね。
小学校によって英語の取り組みはさまざまですが、
今の場当たり的な指導からは、もう卒業しなければならないでしょう。
小学校 英語の問題として、例えば、教材や指導内容を改正する必要がまだあるようです。
小学校の英語の時間は、なんと言っても、学校の授業の
大事な時間をとっているのです。
だから、楽しめれば良いと言うだけではなく、きちんと目的を持って指導をしていくことが大切ではないでしょうか。
教師自身も、学校教育の中の英語指導、と言うものに常に目を向け
英語指導を実践していけるよう、心がけるべきですね。
これからの、小学校の英語教育は、小学校だから出来ない…というのではなく、
小学校だからこそできる、小学校だから楽しく英語に事前に触れ、体験し、
小学校から中学校への英語教育につなげていける指導を望みます。
posted by あ・は〜 at 17:21 | 日記

2008年02月07日

英語 リスニングのすすめ

英語 リスニングは、どのくらい必要なのでしょうか? 
英語 リスニングは、実は英語を話す上でも大切なのです。
「なかなか英語が身につかない」という方は、
「自分が話す」ということばかりを考えすぎて、リスニングを
疎かにしていませんか?
なぜなら、相手の話を聴き取る力の「リスニング力」がなければ、
当然、会話を成り立たせることもでないからです。
英語 リスニング力をつけることが、話す力をつける早道なのです。
英語のリスニングは、英語学習のもっとも大切な基礎となるものです。
もっと、英語を聴くことの大切さを考えてみましょう。
たくさんの英語を聴いて、数多くの英分を頭の中に入れればいいのです。
英語を効率良く確実に聴き取り、正確な理解に繋げるために
リスニングに重点を置いた勉強をしてみましょう。
英語 リスニングは、とにかく根気です。
根気よく続ければ、ある日突然、聞き取れるようになります。
すると、英語 リスニング力と共に、会話力もグンとアップすることでしょう。
初心者はもちろんのこと、中級者・上級者にも対応した
「英語の耳」を作り上げるための勉強は、絶対必要ですよ。
posted by あ・は〜 at 15:37 | 日記

2008年01月31日

英語 ニュースのススメ

英語 ニュースというと、ハードルが高いイメージがあり、躊躇してしまいがちですね。
英語 ニュースの読み方のコツとしては、まず、興味のあるニュースを選んで
読むようにしてみましょう。
自分の好きな分野、詳しい分野の記事を英語 ニュースから探して、
そこから読んでみるのが第一歩です。
また、コツ2として、最初は短めの記事を選んで読むようにしてみましょう。
記事を読んでいて「わからない、難しすぎる、つまらない」など、苦痛を感じたら、
その時点で、その記事を読むのをやめて、次の英語 ニュースを探すようにしましょう。
たとえわからない単語が出てきても、すぐに辞書で調べたりせず、
読み進んでいくようにしましょう。
1つ1つ辞書で調べていると、全体の記事が読めなくなってきます。
辞書で調べるのは、わからない単語にとどめておきましょう。
英語 ニュースは、とにかく多くの記事を読むようにし、まずは慣れましょう。
英語 ニュースを読むことを継続していけば、必ず読むスピードは上がり、
確実に理解できる英文量も増えていきます。
posted by あ・は〜 at 14:52 | 日記

2008年01月10日

英語 履歴書のポイント

英語 履歴書の書式は決まっていないので、書式は自分で決めることになります。
過去の自分の経歴を、正確に、読みやすく、簡潔に、これらのことを考えながらレイアウトを整える能力を必要とされます。
英文 履歴書は、自分自身で何を一番伝えたいのか、また、読み手は誰なのかを意識して書きましょう。
英語 履歴書作成のポイントとしては、
「今までの経歴や実績などをわかりやすく記入すること」でしょう。
数字を使ったりしながら、具体的に読みやすいように見た目よく、シンプルに整えましょう。
英語 履歴書の場合、一般的に採用担当者が複数人いることです。
一般的に担当部署の責任者によって、必要条件が異なる可能性があります。
そういった条件をはっきりと意識することも、英文 履歴書作成において重要なことです。
用紙サイズは、A4サイズで白、もしくは、淡灰色の良質な紙を使用しましょう。
英語 履歴書の最初には、名前、電話番号、住所をページを必ず記入しましょう。
行間を十分にとり、読みやすい様式にします。
英語 履歴書は、できるだけ2ページ以内にしましょう。
誤字脱字にも十分にチェックし、第三者に校正をしてもらうと更によいでしょう。
英語 履歴書は書式が決まっていないということは、応募されてくる英文 履歴書の書式も、すべてばらばらなのです。
よって、数多くの履歴書の中からでも、きちんとわかりやすい書式構成にしておかないと
読んでももらえない可能性が大きくなってしまいます。
posted by あ・は〜 at 17:34 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。